日々の徒然なることを綴ります。

 
« 2016年10月09日 | Main | 2016年10月12日 »
2016年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
東金店 内原
O様を発見! (05/13)
軽忍
O様を発見! (05/06)
東金店 内原
☆納車 ESTRELLA (01/29)
ジャングルポケット
走行会in袖ヶ浦 (03/23)
岩佐
ラーメンツーリング (03/12)
秋山
こんばんは! (01/31)
たいさ
こんばんは! (01/30)
O
走ってる?? (12/11)
月別アーカイブ
スパーク!  2016年10月10日(月)
 こんばんは茂原店の岩佐です

 今日は定期点検で交換したスパークプラグの事を

 少し書きたいと思います。

 まず、スパークプラグですがエンジンの中でガソリンと

 空気の混合気に着火するライターの役目をしています。

 着火といってもスパークプラグから火は出ません。

 じゃあどうやって着火するのか

 


 このように先端から火花が出て着火してます。

 そりゃあ『スパークプラグ』って名前ですからね(笑)

 さて、今回ある車両から外したプラグがこれです↓

 


 そして新品がこれ↓

 


 ぱっと見ネジ部の色が違う(古い方が汚れてる)

 くらいですが・・・

 先端の部分を見てみましょう

 古い方↓

 


 新しい方↓

 


 並べてみると↓↓

 


 中心電極と外側電極の隙間が違います。

 古い方が隙間が大きいですね。

 スパークプラグはこの電極間で火花を飛ばしていて、

 放電しやすい所から消耗していきます。

 なおかつ、中心電極はより高温になるので

 酸化されて消耗してしまいます。

 隙間が多くなりすぎると火花が飛びにくくなり、着火不良

 を起こす事があります。

 そうなるとエンジン始動不良や、走行中のエンジン不調

 を招く事にもなるので、消耗したプラグは交換しなくては

 なりません。

 定期点検の中にはスパークプラグの状態を

 確認する項目もあるので、交換時期に達しているときは

 ご案内しております。

 小さな部品ですが担っている役割は大きいですからね


 

プロフィール


リンク集


Goo-net Blog
GooWORLD Blog
GooBike Blog
GooBike Parts
www.vorteleather.com.ua

https://steroid.in.ua

http://adulttorrent.org