日々の徒然なることを綴ります。

 
« 2014年10月22日 | Main | 2014年10月24日 »
2014年10月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
東金店 内原
O様を発見! (05/13)
軽忍
O様を発見! (05/06)
東金店 内原
☆納車 ESTRELLA (01/29)
ジャングルポケット
走行会in袖ヶ浦 (03/23)
岩佐
ラーメンツーリング (03/12)
秋山
こんばんは! (01/31)
たいさ
こんばんは! (01/30)
O
走ってる?? (12/11)
月別アーカイブ
効果は・・・  2014年10月23日(木)
 こんにちは茂原店の岩佐です

 今日は以前にご紹介いたしました「エアコンイノベーター」

 の効果をご報告いたします

 その前に使い方をご紹介しましょう

 


 箱の中には写真付きの説明書も入っているので安心です

 まず、エアゾール缶とVTVバルブを接続します。

 


 缶の先端とバルブのネジ山を合わせて時計方向に

 締め込んで、組み合わせます。

 


 次に、車のボンネットを開けて

 


 エアコンガス充填バルブを探します。

 


 この車の場合、人差し指側のバルブキャップに「L」

 


 親指側のバルブキャップに「H」

 


 と刻印が入っています。「L」は低圧側

 「H」は高圧側の意味になります。

 エアコンイノベーターは「L」側バルブから充填するので、

 「L」側キャップを反時計回りに回して外します。

 


 そして、充填する前にエンジンを始動し、エアコンスイッチを

 ONにした後、設定温度を20度以下にし、風量MAXにします。

 


 この状態で30秒ほど経過したらエンジンを止めます。

 そして、缶をよく振ってから車体の低圧バルブに缶のバルブを

 真っ直ぐに強く押し当てて「カチッ」とするまで押し当てます。

 VTVバルブの緑色の部分が見えればOK
 
 
 

 この時、エアゾール缶が逆さになっていないと添加剤が

 注入されないので注意してください

 あとは先ほどと同じようにエンジンをかけてエアコンスイッチON

 温度20度以下、風量MAXで30秒ほどかけたら

 エンジン停止。

 缶の取り外しはVTVバルブ先端のスライドキャップを

 手前にスライドさせると外れます。

 この時、缶に圧力が掛かっているのでしっかり握って下さい。

 


 最後に「L」キャップを閉めて完了です

 


 さて、気になる効果は・・・

 今までは走行中にエアコンスイッチをONにすると

 エンジンのパワー感が無くなっていたのですが

 添加後はほとんど気にならなくなりました

 パッケージに書いてあった「エンジンのパワーロスを低減」が

 効果として出ていますね

 今まで燃費は気にしていなかったのですが、

 エアコンコンプレッサーの作動がスムーズになると

 エンジンにかかる負担も少なくなるので

 燃費も良くなると思います

 前回も記載しましたが、車種によっては使用できない場合も

 ありますのでヴィプロスのH/P『http://www.vipros.jp』

 もチェックしてくださいね

 それでは今日はこの辺で


 

プロフィール


リンク集


Goo-net Blog
GooWORLD Blog
GooBike Blog
GooBike Parts
apach.com.ua

nissan-ask.com.ua

designedby3d.com