MDの課外活動(地域貢献編④)

こんにちは。東金店より内原です。

今日は、MDの課外活動のご報告(続編)です。

春から半年にわたって行われた
千葉大学付属中学校での授業が無事終了しました。
最後の授業では、みんなで組み立てたオートバイを
実際に乗って走らせてみます。

天候に恵まれました!試乗会日和~♪

教室の中から見えるオートバイ。いい眺めです。

これまで座学、実験からエンジンの仕組みを学び
実物のエンジンを分解し組み立てる一連の作業から
その構造をリアルな体験と共に学びました。

エンジンの中でピストンが動き、爆発が起こり、
クランクが回転し、その動力がベルトで伝わりタイヤを回す。
そしてオートバイが走る。

私たちには既に身近で、当たり前とも思える技術。
そのオートバイで走るというコトは
15歳の彼らにとって、どのような経験となるのか。

期待と不安・・・ドキドキしながら当日を迎えました。

簡単な事前講習中も、ヘルメットやグローブを
身に着ける時も、彼らの表情からは

この試乗会をどれだけ楽しみにしていたか
が、ビシビシと伝わってきました。

オートバイの運転はもちろん初めての経験。
安全が最優先なので、話しておきたいことは
山のようにあるのですが、タイトなスケジュール。

要点を絞り、ポイントを伝えていく。
逸る気持ちを抑えて。
落ち着いて、慎重にね!

いざ!走行スタート♪

予想以上の(スロットルの)開けっぷりの良さに
『〇〇~っ!』声を掛けながら併走するY先生。

心配をよそに、みんな笑顔が溢れ出す~!

1本走り終えるまでは緊張の表情。
リラックス、リラックス~♪

肩の力を抜いて~目線を遠~くに!
ブレーキもしっかりね♪

走っている様子はみんなで見守ります。

若いので呑み込みが早い!頭の中で・・・

エンジンの動きをイメージできているかな?

ピストンの動き。
空気の圧縮!プラグのスパーク!

無段階変速のプーリー機構には関心しましたね!
カムシャフトの回転・バルブ開閉の動き~!!

ピストンの小ささには驚きました!
クランクシャフトの動きに感心しましたね~!

短い時間の試乗会ではありましたが、彼らの目に
その景色は、オートバイはどう映ったのだろう。
『慣れてきたぞ』『気持ちイイ』『なんか面白いぞ~』
嬉しくなるような会話が私の後ろで飛び交っていました。


みんな無事完走~♪『ホッ・・・』

試乗会後はアンケート。
みんな真剣に取り組んでいます。

この選択技術の授業は、大学の教育学部による『教育実習』
附属中学校の『授業開発』も担った取り組みで
アンケートも毎時間ごとに行われていました。
後に論文としてまとめられることになります。

MDとしても初の試みとなった半年間。
地域社会とのコラボレーション。
大学と附属中との協力で作り上げた授業でした。

授業の最後にサプライズがありました。

なんと!学生達からの寄せ書きを頂きました。
私にとっても若い世代との関わりはとても新鮮で
学ぶことが多く、とても貴重な経験となりました。
本当に嬉しい限りです。

試乗会を終えて記念の集合写真♪

この場をお借りして、この取り組みに関わっていただいた学校関係者の皆様と、取材をして頂いたHONDA広報部様、朝日学生新聞社様に厚く御礼を申し上げます。

それでは今回はここまで。
また改めて総括させて頂きます。See-Ya♪

*******************
参照)旧MDブログより


MDの課外活動(地域貢献編③)

*******************