新型KATANA に跨ってきた!

皆さまこんにちは!MD茂原本店より内原です。

 

今日の日中は良い天気に恵まれましたね!

こうなってくると、どんどん春が待ち遠しくなってきます!

さぁ今日は、タイトルの通り新型KATANAの情報を

少しだけお届けできれば・・・と思います。

新春恒例!スズキ販売店の集まりに参加して来ました。

今回の目玉はやっぱり【 KATANA 】、大注目でした♪

コアなFANを多く持つ刀。新型発売!の噂に、様々な目線が向けられ、様々な

ご意見がSNSを掛け巡りました。スズキ内でも記録的な数字を観測したようです。

スズキの調べでは、その中でKATANAに対するネガティブなご意見が1/4。

ポジティブ意見が3/4だったとのこと。皆さまは現時点ではどんな印象でしょうか?

GSX-S1000/Fよりもアップなハンドルバー。幅も肩が張らずに丁度良い感じ。

こういうワンポイントが良いと思います。

パッセンジャー一体型シートは、クッションも良くゆったり受け止めてくれてGood!

ETC車載器を収納するのは難しそう!サービスマンの腕の見せドコロになりそうです♪

せっかくですので、データを比較してみました。

KATANAの画像とともに進めてみます。

上段に、ベースモデルとなったGSX-S1000(GSX-S1000F比も)

下段に、KATANA・・・で記してみました。

■全長/全幅/全高
2,115mm/795mm/1,080mm

2.125mm/830mm/1.110mm

全長は1.0cm長く、幅は3.5cm広く、高さは3.0cm高い(GSX-S1000F比-7.0cm)。

■シート高
810mm

825mm

シート高は、1.5cm高く

■装備重量
209kg

215kg

6.0kg重い(GSX-S1000F比+1.0kg)

■総排気量
998cm3

999cm3

■最高出力
109kW〈148.2PS〉/ 10,000rpm

110kW〈149.6PS〉/ 10.000rpm

■最大トルク
107N・m〈10.91kgf・m〉/ 9,500rpm

108N・m〈11.01kgf・m〉/ 9.500rpm

■燃料タンク容量
17L

12L

ポジション的には、ツーリングユースからも期待値が高そうなKATANAですが

タンク容量を下げたのはネガティブな要素になりそうでしょうか?

エンジンの回りがより鋭いフィーリングになっているとの情報もあり、その鋭い

デザイン通り、ベースエンジンの特性を楽しむ為のモデルとなるのでしょうか?

何れも我々千葉県民としては、房総半島のお散歩ツーリングが楽しめればOKですし

長距離ツーリングだって、休憩を兼ねて給油してあげればいかがでしょう。

もちろん大型ツアラークラスの方と比べれば、給油回数は多くなるでしょうが

極端に燃費を落としているはけではないので、OKと考えてみてはいかがでしょうか。

あくまで個人的な感想なのですが・・・

70~80年代バイク好きな私と新型KATANAとの遭遇。

事前にはいろいろと思うところがあったのですが

結果から言うと、【全然アリ】でした。

正直な感想として実車は全然カッコ良くて、1台のバイクとしてイイ!と思えました。

PVではなく、公道を走行しているKATANAをイメージしたらもっとGOODでした。

もしもこのKATANAがあってのGSX-S1000だったら、そのインパクトはもちろん

評判(評価)は全然違うものになっただろうなぁと思わずにいられません。

GSX1100Eベースのカタナも良かったですが

GSX-Rエンジンを載せたGSX-S1000をベースとした事で

カタナはより研ぎ澄まされ、KATANAへ進化したともいえるのでしょうね。

★参照:Webike News ⇒ https://news.webike.net/2018/10/09/142618/

今の40~50代でカタナから影響を受けた方は多いのではでしょうか。

願わくばこの新型KATANAが、今の20代のライダーに受け入れられることを願います。

このKATANAをカッコイイと思い、選び、ルーツを知り、より惚れ込む事が出来たら

共感から世代を超えた交流(オートバイの魅力)が深まったら素晴らしいと思います。

新型KATANAの発表/発売が今からとても楽しみです。

情報が気になる皆さま、お気軽にMDまで遊びにいらして下さいネ。

今日は長くなってしまいましたが最後までお読みくださりありがとうございました。

それではまた店頭でお会いいしましょう。See-Ya!!

 

 

コメントを残す